2015年7月5日(日)ビジョントレーニング指導者集中講座 大阪会場レポート

ビジョントレーニング

◎日時:7月5日(日)13:00~17:00

◎場所:大阪府社会福祉会館(大阪市中央区谷町)

◎講師:内藤貴雄(米国公認オプトメトリスト・MWT協会顧問)

◎レポート:斉藤義生(MWT協会代表理事)

今回の講座も大勢の方にご参加いただき、改めてビジョントレーニングへの関心の高さを認識致しました。

ご来場いただいたのは主に以下の方々です。

・学童保育施設経営者
・主婦
・子どもクリニック職員
・整体院経営者
・ボクシングトレーナー
・コンディショニングトレーナー
・スポーツトレーナー
・学校職員、教諭
・大学教授
・その他

ビジョントレーニング

現在の日本において「うつの増加」と合わせて「発達」に関しては、多くの方が良化に向けての対策を求めておられる事を強く感じますが、そういう意味で「メンタルウェルネストレーニング」と「ビジョントレーニング」を、もっともっと多くの方に知っていただけるようMWT協会において定期開催をしておりますが、今回もこの講座の目的である「ビジョントレーニング指導を現場で実践する基本的なノウハウを得る」という事に対し非常に前向きな姿勢で取り組んでおられる意識の高い皆様にご参加いただきとても有意義な時間となりました。

以下、参加者の皆様よりのコメントより抜粋します。

・書籍などで勉強はしておりましたが実際に参加して新たな発見や刺激を受けました!
・発達障害のある子どもの支援をしています。話を聞いていると子ども達の顔が浮かんできました。ぜひ実践したいと思います!
・固有受容が広い意味で認知と関連しているという説に大きな可能性を感じワクワクしました!
・目が脳にとってどのような役割を担っているのかを知り、大きなショックを受けました!
・特殊な運動をするよりも、発達の基礎となる体の動かし方=ビジョントレーニングをした方が成長のためになると思いました!
・とても楽しく勉強できました!すぐに実践できる取り組みをたくさん教えていただきましたので、現場で実践します!
・ビジョントレーニングの全体像が理解できました。ありがとうございました!
・対症療法ではなく発達の段階に即した支援の大切さが今日改めてわかりました。ありがとうございました!
・子どもが目の学校に通っているのですが、講座を受けて目からウロコがおちました!

現在MWT協会においては、この講座を開催し学校関係者、スポーツ関係者、福祉関係者の皆様にビジョントレーニングの重要性をご理解いただき、ひいては多くの方にトレーニングを実践できる環境づくりに活かしていただけるよう継続しております。

ビジョントレーニング

また受講された皆様へのフォローとしましては、MWT協会の協賛法人である「イプラスジム・目の学校」において、お子様の視力以外の目の使い方をチェックできる「目の使い方チェック」や簡単なトレーニングを体験できる「体験説明会」などを実施しておられますので、ぜひそちらのほうも合わせてご活用いただく事で、よりトレーニングを身近に実践できる機会が増えるかと思います。

◎イプラスジム・目の学校WEB
http://www.eplus-gym.jp/

また8月9日(日)には、東京で開催致します。ご興味をお持ちの方はぜひご参加いただければと思います。

◎ビジョントレーニング指導者集中講座 詳細
http://mentalwellness.jp/vision/index.html

ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です